お世話になっております。

沖縄で中古不動産を扱っている株式会社イエカリヤの西島です。

 

先日、京都にてとても悲しい事件がありましたね。

被害者の方並びにご遺族の方には心よりご冥福をお祈りいたします。

 

今日は今回の事件とは規模の大きさなどは違いますが、

これからお盆などのお供えものなどで油を使うこともあると思います。

万が一、いざという時の為の消化方法をご紹介したいと思います。

(消防法に関しては、後日執筆予定です。)

 

消火器

もっともポピュラーな消化方法です。

聞いたこともあるし、家にもあるという方も多いと思います。

学校や職場で消火作業を観たことがあるという方もいらっしゃるでしょう。

しかし、使ったことがあるという方という方は少ないと思います。

使い方はご存知の通りいたってシンプル。

 

今回ご紹介している消火器は粉末<ABC>消火器です。

普通の火災、油火災、電気火災どれにも対応できる消火器です。

 

 

初期消火で消せる範囲

初期消火=『自分で消火できる』時間は2分といわれてます。

木造でもRC造でも部屋の中は両者とも大差なく燃えるものが多いのが現状です。

 

放射時間

先述の通り、初期消火は2分以内。長いような短いような時間です。

しかし、粉末タイプの消火器はそれよりもとても短時間の放射です。

種類によっても多少異なりますがおよそ15秒。

 

15秒で火元に向かって消化しなければなりません。

 

消火器まとめ

・火災が起きた際の初期消火は2分以内

・放射時間は約15秒

・時間が勝負、消火する人と119番通報する人はなるべく分ける

・いざという時の為に、使い方の確認をする

 

 

天ぷら油の消火

最近では消火器以外にも様々な消火グッズが販売されています。

その中でもこのFitech天ぷら火災用消火用具がおススメ。

箱のまま入れるだけ!値段もリーズナブルで、そばにあるだけで安心できるグッズですね。

また、消火器のように粉末で部屋が汚れることがないのもポイント。

 

 

今回は火災の初期消火の話をさせていただきました。

火災は火だけでなく煙でも命を奪う恐ろしいものです。

今一度、防火対策を家族で見直しても良いかもしれません。

 

西島
西島
宅建試験勉強中です、事務や物件撮影をやっています。プロフィールはコチラ

 

株式会社イエカリヤでは土地・戸建・マンションの売買を承っております。

また『売るのはちょっとなぁ・・・』とお考えのお客様にはサブリースもご提案させていただいております。

いつでもご相談承っております。お気軽にご連絡ください。

スタッフ一同、心よりお待ちしております(*’ω’*)(*’ω’*)(*’ω’*)(*’ω’*)(*’ω’*)

 

 

 

 

 

 

友だち追加