お世話になっております。

沖縄で中古不動産を扱っている株式会社イエカリヤの西島です。

10月も残り10日ほどとなりましたね。。。

光陰矢の如し。年末が近づくと何となく寂しくなるのはなぜなんでしょうか。不思議です。

 

さて、今日はキッチンリノベーションまとめです。

このような状態からどんな素敵なキッチンに変身するのかワクワクしますね!

 

 

その前にキッチンの役割を軽くおさらいしましょう。

・ペニンシュラキッチン

最近よく見かける一部が壁にくっ付いている半島型キッチン。

それはまるでキッチンという一つの部屋。

幅がある為、キッチン機能を凝縮しやすいのが特徴。

ただし、幅を取るためスペースが必要。

通称:対面式キッチン

 

Here we go!

 

少しスモーキーなブルーのアクセントクロス。

私は最初に“ムーミン”が思い浮かびました(笑)

このキッチンはクロスに目が行ってしまいがちですが、

よくよく見るとワークトップも含めてすべて木目調。

何となくこのキッチンのでは厚切りベーコンとかソーセージとか焼いてほしいです。

 

こちらはガラッと変わって、ブラックが男臭さを出しているペニンシュラキッチン。

アウトドアブランドのsnow peakさんとコラボしたお部屋。

アウトドア系だとグリーン系のイメージでしたが、思い切って黒で攻めるのもGOOD。

 

童話の中に出てきそうな作りのキッチン。

オレンジのお部屋が十分なアクセントだからキッチンは木目を生かしてシンプルに。

リビングの方も見ることができ、オレンジ部屋の様子も通路側の窓から確認できるのがこれまた憎い趣向。

 

ツリーハウスのようなキッチン。

材木とグリーン調のクロスが気持ちを落ち着かせてくれます。

壁の一部に作られた小さなパントリー。

収納の事を考えるととても助かりますね。

 

タイル風のアクセントクロス。

他が白で統一されている為、モザイクタイがスゥーっと馴染んでいるその様はまるでお洒落上級者。

 

まるで中世ヨーロッパ。

どことなく“ハウルの動く城”の街のイメージ。

すっごく美味しいパンが出てきそうなキッチンです。

これこそまさにペニンシュラキッチンでできる遊びですね。

 

 

・アイランドキッチン

お部屋の真ん中に“島”のように独立しているキッチン。

囲むように調理ができるのが特徴。

お部屋全体を見まわせることもでき、一つのインテリアとしての風格も。

ただし、こちらも行き来するスペースが必要。

 

お部屋のトーンに合わせた、ステンレスが美しい。

そしてアイランドキッチンならではの贅沢なスペースの取り方、羨ましい。

心のどこかにある、アイランドキッチンへのあこがれ。

思い切ってリノベーションで叶えることもできるんだなとしみじみ思います。

 

・I型キッチン

昔ながらの壁にくっ付いているキッチン。

とにかくお部屋のスペースを広くとりたいならこのタイプがおすすめ。

見えるキッチンだからこそ、キッチンのタイルやクロスでオリジナル感を出すこともGOOD。

 

これぞまさに、I型キッチンで得たスペース活用の手本!

主役はダイニングテーブル。

“他を生かす”

I型キッチンはそんな言葉がしっくりときます。

 

まだ家具のないリビングはダウンライトも相まって、ダンス教室のよう。

そこに無駄なスペースなどなく、ぴったりと収まるI型キッチン。

その姿はまるで一つのインテリア。キッチンだって“インテリア”。

 

 

・番外編

ペニンシュラキッチンなのですが、

このなんとも言えない色が素敵だなと思って番外編(笑)

青系ですが、寒色過ぎず下の木目フローリングとなんともマッチする素敵なお色。

雨の日の料理が似合うキッチンです。

 

株式会社イエカリヤでは中古+リノベーションという新しい買い方もご提案しています。

もちろん土地・戸建・マンションの売買を承っております。

また、売ることにためらいのあるお客様にはサブリースもご提案しております。

スタッフ一同、心よりお待ちしております(*’ω’*)(*’ω’*)(*’ω’*)(*’ω’*)(*’ω’*)

西島
西島
宅建試験勉強中です、事務や物件撮影をやっています。プロフィールはコチラ

 

 

 

 

 

沖縄で不動産の売却をお考えの方用に売却専門サイトを開設いたしました。
↓こちらから売却サイトへアクセスできます。
 
 
友だち追加