内法?壁芯?居住スペースはどちらの㎡数??

いつもお世話になっております。

沖縄で中古物件+リノベーションを扱っている株式会社イエカリヤの西島です。

 

本日のブログテーマはこちら

【内法?壁芯?居住スペースはどちらの㎡数??】

時々みかけるマンションの面積の内法・壁芯の違いをシェアしていきたいと思います。

 

 

内法(うちのり)とは

結論から言うと、実際の居住スペースは内法です。

家の中の壁の内側から測ったものが内法となります。

読み方はうちのりの他にうちすんとも言います。

登記簿に記載されているのは内法。

 

 

壁芯(かべしん)とは

床面積や建築面積を算出する際に必要なのが壁芯です。(建築申請に必要)

壁芯とは壁の中心線から囲まれた図面上の面積です。

物件完成前は壁芯の面積となります。

他にもへきしんとも言います。

 

まとめ

ものすごく、ざっくりした説明でしたが、ふかーく掘り下げると建築の専門的な話に嵌ってしまうのでこの辺で。

完成前の物件は壁芯の面積の為、実際の完成物件での面積は小さくなるといことも要注意!

税金の軽減措置では専有面積の50㎡以上という条件がありますがこれは登記簿上の面積を指す為、その場合は壁芯50㎡きっかりを購入してしまうと、内法で測った場合50㎡を切る場合がある為、注意が必要です。

 

 

 

株式会社イエカリヤでは中古物件+リノベーションをご提案しております。

また土地・戸建・マンションの売買を承っております。

他にも売ることにためらいのあるお客様にはサブリースもご提案しております。

いつでもご相談承ります。お気軽にご連絡ください。

スタッフ一同、心よりお待ちしております(*’ω’*)(*’ω’*)(*’ω’*)(*’ω’*)(*’ω’*)

西島
西島
宅建試験勉強中です、事務や物件撮影をやっています。プロフィールはコチラ

沖縄で不動産の売却をお考えの方用に売却専門サイトを開設いたしました。

↓こちらから売却サイトへアクセスできます。

 
 

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

電話アイコン 098-987-8349