お世話になっております、沖縄で中古不動産を扱っている株式会社イエカリヤの西島です。

梅雨入り間近ですねー、今週にも入るとか。

梅雨が終われば、夏が来ますねーι(´Д`υ)アツィー

そして、台風の季節もやってくる(`・ω・´)

 

無理やりな流れは百も承知(笑)

今日は防風林としてもおなじみの『フクギ』についてお話したいと思います。

|フクギ

フィリピンが原産のフクギはオドリギソウ科の木で高さは10-20mほどにもなります。固い幹や厚い葉も特徴的です。

沖縄本島や奄美群島では防風林として植栽されており、奄美の地方名では「火事場木」を意味するクヮジバギといい火事の延焼を防ぐ役割もあるとされています。

また、幹は黄色が鮮やかな染料にも用いられます。

https://www.furusato-tax.jp/product/detail/47308/399604

あの、濃い緑のフクギからは想像もつかない発色です。

 

最近は開発の進む街中ではあまり見かけない植物かもしれません。

西島の家にはフクギが2本ほど植えられているのですが、昨年の大きな台風にも何一つびくともしませんでした。

葉もオリーブは塩害に遭いましたが、フクギは無傷。本当にすごい植物です(゚д゚)

昔から木造のかーらやー(瓦家)をこうして守ってきたんですね。

 

そして、フクギは観光スポットにもなっていますね。

『備瀬のフクギ並木』

だいぶ前になりますが、備瀬のフクギ並木、自転車で観光客に混じって走ってきました。

ちょっと恥ずかしかったですが、それでも行って良かったです(*’ω’*)

フクギが作る木漏れ日と、その影が涼しかったのを覚えています。

一周しかできなかったのですが、二周くらいしないとすべてを味わえていなんじゃないかと思えるくらい、惹きつけられる空間でした。

そして、並木から出るとすぐに見える備瀬湾はもう久石譲の『summer』が流れてくる(笑)

 

 

まぁ、それは置いといて。Σ(゚Д゚)

防風林や防火林として、そして日差しの強い沖縄で涼も与えてくれる。

本当に昔からあるものは、何にでも意味があるものだなと実感します。

このブログで少しでもシェア出来たのなら幸いです。

 

さて、株式会社イエカリヤでは土地・戸建・マンションの売買を承っております。

また、『売るのはちょっとなぁ・・・』とお考えの方にはサブリースもご提案させていただいております。

いつでもご相談承っております。お気軽にご連絡ください。

スタッフ一同、心よりお待ちしております(*’ω’*)(*’ω’*)(*’ω’*)(*’ω’*)(*’ω’*)

西島
西島
宅建試験勉強中です、事務や物件撮影をやっています。プロフィールはコチラ

 

 

 

 

 

 

友だち追加