お世話になっております。

沖縄で中古不動産を扱っている株式会社イエカリヤの西島です。

 

さて、本日は昨日の記事の延長で『三角スケール・ステッキメジャーの使い方』です。

不動産で使う仕事道具~スケール編~

 

いや~、三角スケールNI★GA★TE

相性がね、良くないです(笑)

さぁ、復習も兼ねて張り切っていきましょう!!

 

三角スケールの使い方

今回はイエカリヤの公図を用意しました。

公図と三角スケールの画像

 

公図の縮尺が1/500なので、三角スケールもそれに合わせます。

三角スケールの縮尺を公図と合わせる画像

1/500は“10”となっているメモリが10m。

その間を1mと短いメモリ20cmで刻んでいきます。

 

いざ、実測!

 

三角スケールで公図を測る画像

今回は212番のみを測ります。

この細かい作業が苦手なんです(;´・ω・)

8m・・・40㎝?

うん、8m40㎝!

公図は8m40㎝で決定!

 

ステッキメジャーの使い方

さて!お次は実際に外に出て対象物件を計測します!

株式会社イエカリヤ事務所の正面の画像

今回はイエカリヤの建物のみ!隣の駐車場は含めません。

赤い矢印の端から端まで測量します。

株式会社イエカリヤの前面道路との境界

 

いざ、実測!

 

 

コロコロ、、、意外と軽く良く進みます。

さて、計測や如何に!

 

 

 

ステッキメジャーで計測した数値の画像

 

!?

7m69㎝!

なんと、誤差が・・・orz

まぁまぁ、あるじゃないですか・・・(涙)

その後2回、測る担当を変えても同じという結果に。

 

( ゚д゚)ハッ!待って待って!ゼンリン!

ゼンリンはどうだろう!!

【著作権の関係で画像はお見せできません(´;ω;`)】

ゼンリンにての測定結果・・・8m。

 

Oh………アイダヲ、トッテキタネ。

 

代表の當間に詳しく話を聞くと、ネットで取得した公図は印刷の関係で誤差が生じる。

そもそも公図は隣地との関係を表すものなので正確性は元から保証していないとの事。

 

ゼンリンでは徒歩時間の計測も行うために、

計測数値を切り上げているのではなかという結論に達しました。

また、今回は境界がはっきりと打たれているわけではない為、その誤差も考えられるということでした。

 

まとめ

地図だけじゃ分からないこともあるんだぜ。

現地調査ってとても大事だなと思いました。

 

 

株式会社イエカリヤでは中古+リノベーションという新しい買い方を提案しています。

もちろん土地・戸建・マンションの売買を承っております。

また、売ることにためらいのあるお客様にはサブリースもご提案しております。

いつでもご相談承ります。お気軽にご連絡ください。

スタッフ一同、心よりお待ちしております(*’ω’*)(*’ω’*)(*’ω’*)(*’ω’*)(*’ω’*)

西島
西島
宅建試験勉強中です、事務や物件撮影をやっています。プロフィールはコチラ
友だち追加