石敢當のはなし

いつもお世話になっております。

沖縄で中古不動産+リノベーションを扱っている株式会社イエカリヤの有岡です。

 

久しぶりのブログ過ぎて、ドキドキしていますが、しばしお付き合いください。

 

さて、今日は石敢當のお話。

石敢當っていうと、沖縄では知らない人はいないものです。

それくらい身近。

現代の建築に合わせるように、ヒンプン等のつくりは減ってきました。

伊計島などあまり開発が入っていないところであれば、まだ見ることはできますが、沖縄市内では見かけることも少なくなってきました。

さて、すこし話がそれましたが、そのような感じで今も沖縄に残っているもの。

それが「石敢當」です。

 

石敢當って本当にいろんなところにあるんですが、お土産でも石敢當の置物があるくらいにメジャーです。

 

マジムン(魔物・悪霊)

石敢當の話をする上でかかせない、マジムン。

まぁ、とにかく悪いやつなんです。見たことないけど。

弁当腐らせたりするのもマジムンの仕業。高温多湿のせいじゃありません。

そんな言い伝えがあり、今でもサングワァという魔よけの葉っぱを入れて祓います。

そんなマジムン、まさかの真っすぐにしか進めないと言われています。なんでよ!(笑)

そんな彼ら、真っすぐにしか進めないので当然壁に当たるわけです。

それが、マジムン。

 

石敢當

先述のとおり、壁に当たるので、丁字路や三叉路は危ないわけです。

そこで登場、中国発祥の魔よけ石敢當。

猪突猛進で来たマジムンが石敢當に当たると、なんと、砕けるそうです。

もう効果ありすぎて、マジムンよりも怖い。

そんな石敢當の由来は、むかしむかし中国にいたものすっっごく強い武士からだとか。

 

 

番外編:サン/サングワァ

先述の弁当を腐らしたりするマジムンを追い払うために、お弁当に入れたりするのがサングワァ。

一種のお守りのようなものです。

作るのはなんでもOK(だと思ってる)

割り箸の袋でも、ビニール紐でも。

要は気持ち。

 

さて、いかがでしたでしょうか。

最近は建売住宅も増えてきて、もしかしたら石敢當も減っているのかもしれませんね。

でもまぁ、ペンキで直書きでもOKそうなので、気になる方は是非お試しください。ただし、自己責任で(笑)

 

株式会社イエカリヤでは土地・戸建・マンション・軍用地の売買を承っております。

売ることにためらいのあるお客様にはサブリースもご提案させていただきます。

いつでもご相談承っております。お気軽にご連絡ください。

スタッフ一同、心よりお待ちしております(*’ω’*)

 

沖縄で不動産の売却をお考えの方用に売却専門サイトを開設いたしました。
↓こちらから売却サイトへアクセスできます。
 
 
友だち追加

2 thoughts on “石敢當のはなし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

電話アイコン 098-987-8349