カジマヤーってどういうお祝い?なんで風車?~旧暦9月7日はカジマヤー~

お世話になっております。
沖縄でリノベーション+中古不動産を扱っている株式会社イエカリヤの西島です。
さぁ、今年もやってきました。カジマヤー(97歳の祝)
新型コロナウイルスの影響でやはり高齢者の方が亡くなっているのはとても悲しいことです。。。
おそらくお祝いも縮小傾向にあるかと思いますが、めでたい日なので皆で楽しく過ごしたいですね!
 

カジマヤーって何?


沖縄で行われる成年祝い(トゥシビー)のひとつがカジマヤーです
満96歳、数えで97歳が対象年齢です。
成年祝いはカジマヤーを最後とする為、盛大に執り行われます。
 

そもそも成年祝いって何?

自分の生まれた干支と同じ年に無病息災を願う行事です。
数えで行われるため、13歳・25歳・37歳・49歳・61歳・73歳・85歳・97歳となります。
61歳(還暦祝い)以降がお祝いとしての意味合いが強く、それより前のトゥシビーは先述の通り無病息災を願う厄払い的な意味合いを持ちます。
とは言っても、子の初めてのトゥシビー・13祝いの際は盛大にお祝いすることが多いです。
特に女の子は振袖やドレス・琉装などで写真を撮り、学校でもその学年のみお祝いがあります。
 

カジマヤーっていつするの?


カジマヤーは旧暦9月7日に行います。
2020年は10月23日に行われます。
 

カジマヤーといえば風車


さて、話はカジマヤーに戻りまして。
カジマヤーといえば風車です。そもそもカジマヤーという言葉自体が風車を指します。
「カジ」→「風」、「マヤー」→「回る」ということですね。なるほど。
さて、なんで風車なのか。
それは、カジマヤー(97歳)を迎えると子どもに戻るといわれており、子どもが遊ぶ風車を持たせる由来があります。
諸説あり、明治頃までは模擬葬礼だったという説もあります。いずれにせよ、生まれ変わるという意味があると思われます。
 

カジマヤーといえばオープンカー


今も時々、華やかな紅型の着物を纏ってオープンカーに乗って集落をゆっくり走るカジマヤーのおじいちゃん、おばあちゃんが夕方のニュースに載ります
誰から始めたのかは分かりませんが、私もいつか母を乗せたいものです(*´ω`*)
 
カジマヤーと御願
沖縄のお祝いで欠かせないのが御願(ウグヮン)。
トートメー(仏壇)やヒヌカン(火の神)にお供えをして、見守って下さる感謝と報告をします。
 
最近のカジマヤー
もちろん、自宅でのお祝いも良いですが、最近では老人ホーム主催などのホテルでのお祝いも増えています。
ホテルでの良いところは、お化粧なども含め貸衣装がホテルで借りられること。そして写真を撮り、そのまま会場へ行ってお食事ができるので移動もホテル内で済み、おじいちゃん・おばあちゃんの体力消耗も比較的少なく済む為、選択肢の一つに加えてみるのも手かもしれません。
 
 
さて、いかがでしたでしょうかカジマヤーの話。
来月の10月23日は金曜日です。もしかしたらお仕事の合間に道で風車のオープンカーを見かけた方もいるかもしれませんね。
大先輩方にならって、長寿にあやかりましょう!
 
 
株式会社イエカリヤでは土地・戸建・マンションの売買を承っております。
また、売ることにためらいのあるお客様にはサブリースもご提案しております。
いつでもご相談承ります。お気軽にご連絡ください。
スタッフ一同、心よりお待ちしております(*’ω’*)(*’ω’*)(*’ω’*)(*’ω’*)(*’ω’*)

西島
西島
宅建試験勉強中です、事務や物件撮影をやっています。プロフィールはコチラ

 
 
 
 

沖縄で不動産の売却をお考えの方用に売却専門サイトを開設いたしました。

↓こちらから売却サイトへアクセスできます。

 
 

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

電話アイコン 098-987-8349