いつもお世話になっております、沖縄で中古物件を扱う株式会社イエカリヤです。

 

新たな年を迎え、「今年はこんな目標を立てよう!」と意気込んでいても3か月もすると忘れてしまうことがよくあると思います、私自身本書を読むまではそうでした。

 

誰でも大きな目標を立てることは成功させるための大切な行動ということはわかっていますが、目標が大きすぎて毎日に活かせなかったりします。
今回紹介する著・兼元謙任さんの「1日1枚成功シート―これで僕はホームレスから上場企業の社長になった」ではその辺りの不具合を解消する方法が紹介されています。

 

●概要

実際に使っているシートをお見せしたいのですが、本のキモになる部分であまり詳しく載せるとどうかと思うので簡単な説明だけにします。

 

簡単に言えば、
・最終的な目標
・今年の目標
・今月の目標
・今週の目標
・今日の目標と作業項目
これらをA4 の用紙にまとめて記入することで今日何をするのか、これからどうなっていきたいのかを毎日「書く」という方法で再認識します。

 

他にも細かい項目がいくつかありますが、気になった方は本をご覧ください、僕が最初に呼んだ時は図書館で借りたのでお住まいの近くの図書館にもあるかもしれません。

 

●使ってみての感想

目標だけでなく期日も入れるので凄く時間を大切に使うようになりました、さらにやることが明確に決まり細分化されることで、無理だと思っていた事柄も噛み砕いて達成できるようになりました。

 

目標シートの存在を知る前は目標を一つの画像にまとめてパソコンやスマホで見られるようにしていたのですが、それでは一日一日やることを落とし込むことができなかったので、具体的な行動をすることができませんでした。

 

また、「書く」ということがとても重要だと思います、部屋にに目標を貼ったりすることもやったりしましたが、だんだん見慣れてきて風景になってしまい、再認識することができなくなります。
書くという行為は、体の一部を動かすのでボーっとすることができず、書き出している目標を一つずつ確認していけます。

 

少し話は逸れますが、暗記や落とし込みたい知識がある時は必ず書くようにしています、読むだけだと、どうしても途中から流し読みしてしまい、どこをが重要なのかわからなくなってきます。
殴り書きでもいいので書くことで集中できるのでお勧めです
インテリアコーディネーター試験や宅建の際も大量のメモ用紙を消費して合格することができました。

 

●まとめ

  • 長期的な目標を毎日確認しよう
  • 眺めるだけじゃなく書くことで再認識させやすくする
  • 元日に決めた目標を忘れる方にお勧め
當間
當間
沖縄の中古不動産市場を活性化させるために日々活動しています。少し変わった物件が好きな、株式会社イエカリヤ代表です。プロフィールはコチラ
友だち追加