平成29年度のインテリアコーディネーター試験を受験するので、備忘録として残しておきたいと思います。

 

・動機

もともとインテリア関係には興味があり、個性的なインテリアの部屋が好きだったのですが、いざ自分で作ろうとするとイマイチ上手くいかないんです。

センスがないと言われればそれまでなんですが、それで諦めるのもなんなので、体系的に学べそうなインテリアコーディネーターを受験してみることにしました。

 

・インテリアコーディネーター1次試験ざっくり調べた内容

10月上旬に試験がある

一次試験はマークシート50問(追記、肢ごとに点数がつきます、これを知らずエライ目にあいました)

 

一次試験の合格率は30%程度

合格のラインは7割~8割の正答率

受験者数は1万人弱

学習期間6カ月~?

範囲が広くて丸暗記が必要?

過去問だけでは対応できない?

 

ネットで調べた範囲ではこのような感じでした、ただ「?」マークがついている所だけは、色々な意見があったためあくまで参考程度。

というか、これが本当なら受かるはずもないので信じませんでした。

 

 

・受験した時の状況

独身(受験勉強中に現在の妻と籍を入れました)

働きながら勉強

不動産会社に勤務

宅建取引士

独学

他の資格試験があったため、試験2か月前からのスタート

 

という状態からの開始です。

 

・方針

標準学習期間が6か月とされています、とにかく時間がないので、「絶対に合格するための勉強」ではなく「受かるかどうかの土俵に乗せるための勉強」にしました。・・・せざるを得ませんでした。

 

ということで色々と検討した結果「過去問のみの学習」という形にしました。自分で言うのもなんですが、かなりリスキーな方法だと思います。あまりおススメしません。

 

・超重要な過去問

購入した過去問は、ハウスエージェンシーさんの出版されているものにしました。過去10年分なので内容量も充分でしたし、今回の勉強法だと解説が充実しているのが必須なので、条件を満たしているのがこちらでした。

 

・スケジュール

1問解くごとに

○内容を理解したうえで正解

△自信ないけど一応正解

×不正解

という風にメモをして過去問を進めていきます。

 

3週間かけて過去問を解き進める(1週目)

 

2週間かけてもう1周(2週目)

 

2週間かけてハズレの肢を読み込む(3周目)

 

2週間かけてハズレの肢を理解できていなかったら不正解扱い(4周目)

 

2週間で2周する(5~6周目)

 

大体の流れはこういう風にしたいと思います。とにかく高速で過去問を回していき、正解に選ばれなかった肢まで覚えていきます。

 

・まとめ

正直キツイかなと思いますが、「合格するかどうかの土俵に乗せる」「受からなくても知識は付く」という事を念頭に置いて、諦めずにやっていきたいと思います。

結果はこちら平成29年度インテリアコーディネーター1次試験受かったが、独学が危険だと確信したお話

當間
當間
沖縄の中古不動産市場を活性化させるために日々活動しています。少し変わった物件が好きな、株式会社イエカリヤ代表です。プロフィールはコチラ
友だち追加