いつもお世話になっております、株式会社イエカリヤです。

 

宅建士試験はこちらのホームページでも過去問題を解説していますし、不動産に関わるお仕事をしたいなら、とても重要な資格ということは言うまでもありません。

私も初めて宅建の勉強をした時に感じましたが「法律的なことがメインで、そのまま実務に使えるの?」という不安がありました。

もちろん、法律関係は重要ですし、あらゆる場合において基礎として知っておかなければなりません。

しかし、実務をこなしていくには宅建の知識だけでは足りません、そのあたりをカバーしてくれるのがハトマークの全国宅地建物取引業協会連合会(以下、全宅連)が出している不動産キャリアパーソンです。

 

●全6章

内容として

  1. 心構え
  2. 物件調査・価格査定
  3. 不動産広告
  4. 資金計画
  5. 契約の基本
  6. その他知識

となっております、それこそ電話対応の仕方から売買契約書のまとめ方など、宅建業に関する様々な知識が学べます。

 

受講料は8,000円(税別)で、テキストとインターネット動画で勉強することができます。

申し込みから12か月以内に試験を受けることができ、パソコンを使ったテストになるので結果もすぐにわかります。

 

全40問あり、7割正解で不動産キャリアパーソンの資格を取得することができます。

 

●だれでも受講可能

全宅連が出しているので、宅建業者しか受講できないのかと思いきや、どなたでも受講することが可能です。

ですので、「宅建業免許は取らないけれど投資用として不動産を扱ってみたい」という方でもお申込みすることが可能です。

また、宅建を取得していない新入社員教育にもお使いになれます。

 

私は、ある程度不動産業界にいた上で受講したので、知識の再確認となることが多かったですが、「入りたての頃に受けていれば」と何度も思いました。

 

●まとめ

  • 宅建だけで実務が不安なら不動産キャリアパーソンがおすすめ
  • 宅建業で働いていなくても、受講可能
  • 社員教育にもおススメ
當間
當間
沖縄の中古不動産市場を活性化させるために日々活動しています。少し変わった物件が好きな、株式会社イエカリヤ代表です。プロフィールはコチラ
友だち追加