いつもお世話になっております、沖縄で中古不動産を扱う株式会社イエカリヤです。

 

この本に関しては完全に表紙と名前のインパクトだけで買ってしまいましたが、とても良い内容だったのでご紹介いたします。

今回の内容はドラゴンクエストをやったことない方にはわかりにくいかと思います。

 

●経緯がもう面白い

具体的な内容に入る前に、なぜ著者がこの本を出版しようと考えたのかが書いてあるのですが、いきなりそこから引き込まれました。

 

著者であるJUNZOさんは元々、大手ゲーム会社エニックスに勤めていました、もちろんエニックスはドラゴンクエストを開発した会社として有名ですね。

とある日、JUNZOさんはゲームを面白くするための3大要素を発見します、ゲーム会社に勤めているので通常ならゲームを作るためにその発見を使うのですが、「自分の人生にその要素を入れることができれば人生がドラクエ化(面白くなる)できる」と考え、エニックスを退社し独立します。

エニックスという大企業を辞める程の発見、どういうものか読んでみたくありませんか?

 

●印象に残った所

様々な考え方が書いてありますが、特にハッとなった所が「負けても増える経験値」のお話でした。

本家のドラクエではモンスターと戦って負けてしまうと経験値は得られませんが、人生においてはそんなことはありません。

 

成功した時はもちろん、失敗した時にも経験値は得られます、一番ダメなことは失敗することを恐れてモンスターと戦おうとせず町の中にいること。という内容です。

 

●まとめ

  • ドラクエ世代に是非読んでいただきたい本です
  • 目次がレベルになっているので、読み進めるのが楽しいです
當間
當間
沖縄の中古不動産市場を活性化させるために日々活動しています。少し変わった物件が好きな、株式会社イエカリヤ代表です。プロフィールはコチラ
友だち追加