旧暦1月16日は、あの世の正月、ジュールクニチ(十六日祭)

いつもお世話になっております。

沖縄で中古物件+リノベーションを扱っている株式会社イエカリヤの西島です。

今週の2月9日(日)はジュールクニチ(十六日祭)ですね!

そんなわけで今日のブログテーマはこちら!

【旧暦1月16日は、あの世の正月ジュールクニチ(十六日祭)】

 

 

ジュールクニチ(十六日祭)とは

旧暦1月16日に行われるジュールクニチ(十六日祭)

“祭”とつくだけあって、お祭り的な行事ごとです。

なんってたって、正月ですから!

この日はお墓詣りをして、仏壇にお供え物をして家族でウートートーをします。

 

 

“新霊(ミーサ)”

しかし、このジュールクニチ、すべての地域で盛んというわけではありません。

宮古・八重山地方が盛んです。沖縄本島に住んでる離島出身者の方もその流れを汲んで、お墓のある方向(島)に向いてウートートーをすることも。

じゃあ、沖縄本島ではそこまでしないのか?

決してそういうわけではありません。”新霊(ミーサ)”とは、亡くなってから1年以内の新仏の期間は、正月・旧正月は控えめにして、ジュールクニチに祝い、まだ新しい霊を慰めます。

 

ミーサのジュールクニチには香典を持ってお焼香へ行く

カタカナばかりで呪文みたいですね(苦笑)

亡くなって初めてのお正月にあたるジュールクニチには、お焼香に伺うのも慣例です。

親戚が多いところなどは、行う方は49日ばりの準備が必要です。

2年目からは身内のみで行うのがほとんどですが、最初のジュールクニチも身内だけで質素に…という方もいらっしゃるので前もって聞いた方が無難かもしれません。

 

 

さて、いかがでしたでしょうか。

亡くなってから一年忌までの間は、沖縄ならではの弔事がたくさんありますが、その中でもあの世の正月といくのは特別な思いで、祈りたいものですね。

 

株式会社イエカリヤでは中古物件+リノベーションをご提案しております。

また土地・戸建・マンションの売買を承っております。

他にも売ることにためらいのあるお客様にはサブリースもご提案しております。

いつでもご相談承ります。お気軽にご連絡ください。

スタッフ一同、心よりお待ちしております(*’ω’*)(*’ω’*)(*’ω’*)(*’ω’*)(*’ω’*)

西島
西島
宅建試験勉強中です、事務や物件撮影をやっています。プロフィールはコチラ

沖縄で不動産の売却をお考えの方用に売却専門サイトを開設いたしました。

↓こちらから売却サイトへアクセスできます。

 
 

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

電話アイコン 098-987-8349