角地は角地であって角地でない!?~角地の建蔽率緩和について~

いつもお世話になっております。
沖縄で中古物件+リノベーションを扱っている株式会社イエカリヤの西島です。
 
本日のテーマはこちら!
【角地は角地であって角地でない!?】
なんてややこしいタイトルをつけてしまいましたが、今回は角地緩和についてシェアしていきたいと思います。
 

角地緩和とは


その前に、建築基準法上の”角地”は実際に敷地の角を指すわけではありません。
直角に道路2方向で挟まれていたら角地でしょ??
お気持ちは分かりますが、それが建築基準法上の”角地”に該当するかどうかはまた別の話なのです。
『角地の緩和』とは特定行政庁が指定する項目に該当した場合に、指定建蔽率+10%(※沖縄県の場合)となります。
 

角地緩和の要件

(角地等の指定)
第22条 法第53条第3項第2号の規定により知事が指定する建築物の建蔽率を緩和する敷地は、次の各号のいずれかに該当するものとする。
(1)周辺の長さの3分の1以上が道路又は公園、広場、水面その他これらに類するものに接する敷地
(2)周辺の長さの6分の1以上が幅員12メートル(前面道路の反対側に公園、広場、水面その他これらに類するものがある場合にあつては、これらの幅員の合計とする。)以上の道路に接する敷地
(3)周辺の長さの6分の1以上が2以上の道路 (それぞれの道路の幅員の数値の合計が12メートル以上のものに限る。)に接し、かつ、接する長さがそれぞれ4メートル以上ある敷地
一部改正〔平成13年 規則33号・ 30年 15号〕

マーカーだらけになってしまいました(苦笑)
百聞は一見に如かず!図で見てみましょう!!
(1)周辺の長さの3分の1以上が道路又は公園、広場、水面その他これらに類するものに接する敷地


 
(2)周辺の長さの6分の1以上が幅員12メートル(前面道路の反対側に公園、広場、水面その他これらに類するものがある場合にあつては、これらの幅員の合計とする。)以上の道路に接する敷地

(3)周辺の長さの6分の1以上が2以上の道路 (それぞれの道路の幅員の数値の合計が12メートル以上のものに限る。)に接し、かつ、接する長さがそれぞれ4メートル以上ある敷地

 
さて、いかがでしたでしょうか。
文章でみると、分かりずらいですが、絵でみてみると少しは分かりやすくなるかなと思います。
各市町村によっても若干内容が異なる可能性もありますので、あくまで参考としてお役立てください。
 
そんな角地案件が、こちらです!!お気軽にお問い合わせください(*’ω’*)

【★分筆案あります★】中城村字南上原 約111坪 売土地【価格調整もしました★】


 
株式会社イエカリヤでは中古物件+リノベーションをご提案しております。
また土地・戸建・マンションの売買を承っております。
他にも売ることにためらいのあるお客様にはサブリースもご提案しております。
いつでもご相談承ります。お気軽にご連絡ください。
スタッフ一同、心よりお待ちしております(*’ω’*)(*’ω’*)(*’ω’*)(*’ω’*)(*’ω’*)

西島
西島
宅建試験勉強中です、事務や物件撮影をやっています。プロフィールはコチラ

沖縄で不動産の売却をお考えの方用に売却専門サイトを開設いたしました。

↓こちらから売却サイトへアクセスできます。

 
 

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

電話アイコン 098-987-8349