いつもお世話になっております、沖縄で中古不動産を取り扱う株式会社イエカリヤです。

 

いつも弊社ホームページにお越しいただきありがとうございます、皆様がご覧になられているホームページは、どこかの業者さんに依頼して作成したわけでなく弊社自ら運営しております。

初めのうちは「とりあえずブログ形式で初めて様子を見よう」と、簡単に考えていましたが、予想以上に閲覧数が伸びてきたので本格的に取り組むことにしました。

 

ただ、グロースハックの講義などで知識はある程度付いたと思うのですが、「自社」のことになると盲目的になってしまい、正確な判断ができないのでコンサルティングをお願いすることにしました。

初めてのコンサルを終えたので、概要と感じたことを書いていきます。

 

●課題

こまごました箇所は数えきれないほどありますが、重要課題として「ファーストビューの改善」と「コンテンツの増加」があげられました。

 

ファーストビューの構成に関して、冒頭でもお伝えしたようにブログ形式というイメージがあったので、ワードプレスの無料テーマをそのまま流用している形でしたが、ここが一番こだわらないといけない所だと認識しました。

 

コンテンツの増加に関しては元々、「自社ホームページはポータルサイトのように物件を掲載するだけでなく、その他の情報なども掲載しよう」と思っていたので物件以外の情報に重点を置いていきましたが、さすがに不動産屋さんのホームページにきて物件が少ないのもどうかという話になり、これからは積極的に物件を載せることにしました。

ただし、ポータルサイトに出ている項目を載せるだけではなく、+アルファで物件紹介自体がコンテンツとなる方法にしないと、わざわざ掲載する意味がないのでその辺りを意識していこうと思います。

 

●勉強したことは無駄にはならない

コンサルティングを受けるまでは、「せっかくグロースハックを勉強したのに、自分で判断できないってことは、時間の浪費だったのかな?」と落ち込んでいる部分もありましたが、今回コンサルを行ってみて「共通言語」を持っていることの重要性が分かりました。

 

2時間程度のコンサルでしたが、ある程度の知識を持っているおかげで単語一つ一つの説明がいらず、相談したいことだけを焦点にあてられました。

さらに、時間に余裕があったことでホームページの内容だけでなく、弊社が今後どういった活動をして、どんな方向に行きたいかというすり合わせができたことも良かったです。

そこのすり合わせができていないと、ホームページの内容自体も変わっていくので初めの内に方向性をお互いに共有することが重要ですね。

 

●まとめ

  • コンサルティングは第三者の意見が聞けるのが最大のメリット
  • 事前にその分野の共通言語を習得しているとより効果の高いコンサルティングが受けられる
  • ホームページ以外のコンサルティングも積極的に活用していきます
當間
當間
沖縄の中古不動産市場を活性化させるために日々活動しています。少し変わった物件が好きな、株式会社イエカリヤ代表です。プロフィールはコチラ
友だち追加