せっかく沖縄にすむなら引っ越し作法もこだわってみませんか?

お世話になっております。
沖縄で中古物件+リノベーションを扱っている株式会社イエカリヤの西島です。
さて、皆様これまで何回引っ越しをされたことがありますか?
今日は沖縄の引っ越しの”作法”についてです。
皆さんは何個ご存知ですか?
 

代表的な引っ越し時の作法


・旧暦、六曜で決める
→干潮から満潮に向かう時間に引っ越しをする。大安の日にする。
・ヒヌカンに拝みをする
→引っ越ししてきましたとヒヌカン(火の神)にご挨拶
・塩と味噌を先にお供えする
・・・意外とやることが多いですね(;’∀’)
やはり、旧暦にこだわってしまうと中々引っ越しの日取りが決められないという声もありますねー。
ヒヌカンは日常的にもやっている家庭は多いですね。
 
 

塩と味噌


そして、引っ越しならではかなと思うのは塩と味噌から初めにお供えすること、でしょうか。
意味としては土地の神様に『ここに住まわせてください』という挨拶をするためです。
 
しかしなぜ、塩と味噌なのか。
塩(マース)は清めるという点では納得できるのですが、
味噌に関してが中々出てきません。
聞くところによると「食べるものに困らないように」ではないかということでした。
また、その家の繁栄を願っているとも。。。
これに関しては調べて、改めてご報告いたします(`・ω・´)キニナル
 
昔から続いている方法をすべて行うのは難しいですが、
無理のない範囲で、少しづつ伝統を日々の生活に取り入れていくのも良い経験になりますね。
自分に合った方法で、新しいお家で、新しい生活をより良く始めましょう(*’ω’*)
 
余談ではありますが、引っ越しのエッセイ漫画で『引っ越しマニア』というネットマンガ(comico)あります。
作者のさやえんどうさんその当時で14回(海外含む)の引っ越しを経験されており、今年ベトナムから日本に帰国されている為、さらに引っ越し階数を更新していらっしゃいます。
沖縄の作法などはないのですが、引っ越しに関してなるほどと思うことも多々あるので、おススメです。
 
株式会社イエカリヤでは中古物件+リノベーションをご提案しております。
また土地・戸建・マンションの売買を承っております。
他にも売ることにためらいのあるお客様にはサブリースもご提案しております。
いつでもご相談承ります。お気軽にご連絡ください。
スタッフ一同、心よりお待ちしております(*’ω’*)(*’ω’*)(*’ω’*)(*’ω’*)(*’ω’*)
 

西島
西島
宅建試験勉強中です、事務や物件撮影をやっています。プロフィールはコチラ

 
 
 

沖縄で不動産の売却をお考えの方用に売却専門サイトを開設いたしました。

↓こちらから売却サイトへアクセスできます。

 
 

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

電話アイコン 098-987-8349