お世話になっております。

沖縄で中古不動産を扱っている株式会社イエカリヤの西島です。

私事ですが昨日、物件内覧をしていた時に高所恐怖症を発症しました。。。

【自分で味付けする家】ライオンズガーデン長田【売マンション】

この覗き込んだ時に「ヒェッ…」ってなりました。ちょっとこれからやばいですね(苦笑)

 

さてさて、昨日もブログやグーホームに物件情報を書いたりしているのですが、

物件情報を書くときや間取りを表すときによく見かける、

『帖』『畳』

違い分かりますか??読み方も一緒だし・・・。

 

 

・・・すごく明確な違いがありそうな言い方ですが、実はありません!

なんじゃそりゃ!って感じですが、まぁまぁまぁ(笑)

 

もともとは畳が主流であったため『畳』で間取りを表していましたが、

フローリングなど畳以外の間取りも増えたため『帖』になったといわれています。

 

 

 

『帖』も畳を数える言葉ですが、もともと屏風の事を表したりや紙などを数える単位でもあります。

 

 

 

また、『帖』は海苔を数える単位でもあります。

海苔は10枚で1帖。

 

他にも盾を数えたりする際にも用いられます。

薄いものを数える単位なんですね。

フローリングも薄い木を連想させることから『帖』が用いられたと考えられます。

 

 

じゃあ、『1帖』って何㎡なのさ!

 

もともとが『畳』を数える単位でもあった『帖』

大きさは『畳』によって異なります。

さらに言うと、地方によって使用する畳が異なります。

畳には京間や江戸間など複数種類がありますが、

沖縄で一般的なものは中京間(ちゅうきょうま)という

3尺×6尺(910mm×1820mm)=1.6562㎡

中京という名前から分かるように愛知や岐阜の中京地方、また東北・北陸地方の一部、奄美、沖縄で使用されています。

※ちなみにフチなしが特徴の琉球畳は半畳の大きさで、通常の畳と織り方や使用するい草が異なります。

 

さて、いかがでしたでしょうか『畳』と『帖』の違い。

畳をイメージさせたり、フローリングをイメージさせたりと一文字でこんなにも変わるものですね。

計算方法などはこちらのブログも是非!!

面積を表すなら㎡?坪?畳?

西島
西島
宅建試験勉強中です、事務や物件撮影をやっています。プロフィールはコチラ

株式会社イエカリヤでは土地・戸建・マンションの売買を承っております。

また『売るのはちょっとなぁ・・・』とお考えのお客様にはサブリースもご提案させていただいております。

いつでもご相談承っております。お気軽にご連絡ください。

スタッフ一同、心よりお待ちしております(*’ω’*)(*’ω’*)(*’ω’*)(*’ω’*)(*’ω’*)

 

 

友だち追加